よくわかる自動車保険

自動車保険についてまとめてみました。

よくわかる自動車保険 header image 2

トンネル事故が遭った時の安全性について

2012年12月28日 · コメント(0) · 未分類

トンネル事故が発生した場合、そのトンネル事故の状態にもよりますが、トンネル全体が崩落する危険性は殆ど無いでしょう。もちろん、無いわけではりませんが、トンネルは比較的丈夫にできているので、完全崩壊することはかなり極稀に在るくらいですね。

 
基本的にトンネルは、コンクリートにより結構頑丈に出来ています。しっかりと設計されていれば、並大抵のことでは壊れないでしょうね。何せトンネル何かを支えて作られているので、かなり丈夫無いといけません。故に、かなり強固となります。ただし、トンネル自体がもろくなっている場合は、流石に丈夫とは言えませんので注意してください。

 
トンネルの中には、様々な対策がされています。例えば、トンネル内には定期的な距離に電話が存在しているでしょう。確かに無いところもありますが、長いトンネルだとまず設置されています。それを使用することで、外との連絡をすることができるでしょう。次に、非常口が設置されているトンネルがあります。これも全てのトンネルに配備されているわけではありませんが、これにより外へ脱出することができるようになっています。ただし、場合によっては非常口が破壊されている場合がありますので注意してくださいね。

 
このようにトンネルは事故に遭ったとしても、安全性に優れているはずです。即死でない限り、生きる望みがあるのでよく考えて行動するようにしてください。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。