よくわかる自動車保険

自動車保険についてまとめてみました。

よくわかる自動車保険 header image 2

トンネルの強度について

2012年12月28日 · コメント(0) · 未分類

基本的にトンネルの強度は固く、下手な災害でも崩壊することはないでしょう。しかし、老朽化による耐久度の低下が現在の危険要素ですね。

 
トンネルの管理をしているところが、定期的に点検をしている場合なら良いのですが、点検を怠ると最近のような大きな事故が発生する場合があります。この点検ですが、強度不足となった場合は、すぐにそこのトンネルを閉鎖しないといけませんので、予め点検して行かないといけません。強度不足なのに車を通すようなところがあれば、確実に事故を起こすでしょう。ですが、基本的に今現在のトンネルは、丈夫で安全とされています。ただし、先程も説明したように、定期的に点検している場合に限るので注意しましょう。

 
そもそもトンネルは、上からの重さを緩和するためにアーチ状に設計されています。故に、トンネルの上にある山などを重さに耐えることができるでしょう。仮に四角などだとすぐに潰れてしまうでしょうね。だから、トンネルはとても強固で頑丈なのです。

 

このようにトンネルの強度は高いでしょう。管理さえしっかりとしていれば、例え老朽化していても事故など起こり得ないでしょうから安心してください。ただし、あくまでも管理がしっかりとしている場合に限るでしょう。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。