よくわかる自動車保険

自動車保険についてまとめてみました。

よくわかる自動車保険 header image 2

車両保険と料率

2013年01月16日 · コメント(0) · 未分類

車両保険とは、車が、事故により損害を受けた時に、保険金が修理費用として支払われる保険のことをいいます。車両保険に関しては加入しても加入しなくてもよいのですが、事故を起こした場合に車に全く損害がでないという事はほとんどあり得ません。料率クラスによって車両保険の保険料が大幅に変わってきますので注意が必要です。

料率クラスの説明をしますと、1から9という数字を車種の危険度によって表しています。この数字は1年を迎える度に見直しがされることになります。1が保険料として最も安く、9は1に比べると保険料が約4倍にもなります。同じ車種にしても、それぞれグレードが違うと、車両クラスが異なる場合もありますので自分の所有している車がどのグレードに当てこめるか確認を取る事は非常に重要な事です。

どのようにクラス分けをされているのかを簡単にご説明させていただきます。簡単に言ってしまえば交通事故を比較的起こしやすそうな車や高級な外車等は修理費が高い為に高い保険料が必要になってきますのでもし自分の車がこのような車であれば保険料は高く付いてしまいます。またその正反対に事故を起こしにくい車に関しては安い保険料で済むことにもなります。

車種の例を上げると軽自動車やファミリーセダンは修理費が安く抑えられる事ができますので安い保険料で済むという事にもなります。このような知識を入れておくことで車を購入する際に保険料の車両クラスがどの位置に属するかわかり非常に役に立つことがあります。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。