よくわかる自動車保険

自動車保険についてまとめてみました。

よくわかる自動車保険 header image 2

対物賠償

2013年01月16日 · コメント(0) · 未分類

対物賠償とは、相手の人の住居や車等の他の人の財物に対して損害を与えてしまった時に生じる損害賠償責任の際に支払われる保険です。賠償が物に対しての時は、建替費用や修理費用の直接的なお金が発生する以外にも、店舗だった場合に営業損失や休業損失等の間接的な損害に対しても賠償金が多額の請求される場合もあることから、車を所有し運転する人には必ずといっていいほど必要な保険とも言えます。

現状では、対人賠償保険と対物賠償保険の組み合わせは必須条件となっています。この対物賠償保険も対人賠償保険と同様に契約金額が無制限で加入することが一番とも言えます。たいてい多くの人は3000万円から5000万円の保険金額で加入される方が多く見られます。しかし相手方の財物に対して損額を与えてしまうと先ほどにも述べたように直接的な賠償だけでなく、間接的な賠償も支払う可能性がある場合もでてきます。仮にですが、事故を起こした相手方がタクシーやトラック等における業務車両だった場合には、賠償金額が多額になるケースもあります。

または事故の際に破損した家が商店だったりもした場合には同様に多額の賠償金額が必要になってきます。このように修理費用の直接的な賠償はもちろんですが、休業・休車に対しての間接的な損害も賠償しなければならなくなった時は多額な賠償金が必要になってくるのです。最近では、損害賠償金額が一億円というケースも発生しているのです。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。