よくわかる自動車保険

自動車保険についてまとめてみました。

よくわかる自動車保険 header image 2

対人賠償

2013年01月16日 · コメント(0) · 未分類

対人賠償とは、交通事故による人身事故の事をいいます。人身事故で相手の人を死傷を補償するための保険です。保険に加入している被保険者が、歩行者や相手の車に搭乗している人に対して損害を与えてしまった場合に、賠償責任が法律上発生します。そしてその損害額を相手方に補償をしなければなりません。自賠責保険は強制加入しなくてはいけない保険ですが、その自賠責保険で賄いきれなかった場合に対人賠償保険で相手方の損害を補う仕組みになっております。

現在でほとんどと言っていいほど車の所有者は加入しているのが現状です。人命の損害賠償額は、徐々に高額化しております。過去の判例でも学生が相手方を死亡させてしまって裁判所は3億円の損害賠償金を命じたケースも発生しています。これは社会問題として自動車による事故が認知された事の証明でもあります。万が一に備えてこのような事例もありますので対人賠償保険の加入に関してはもちろんの事補償金額は無制限で契約した自動車保険にプラン変更するのが最も望ましいともいえます。

相手に対して自分自身の過失割合分だけが支払われるのが、対人賠償金です。裏を返せば相手の過失割合分は、相手に過失がありますのでその分は補償する必要はございません。基本割合が大幅に決定されているのが、過失割合です。それを基本として各事故に当てはめていき、それぞれの過失割合を決めるようにしているのです。このような事を知識として入れておくと非常に役立ちます。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。